2010年02月28日

公演終了

きのう2月27日にトーキョ−ワンダーサイト本郷で行われた私の公演“シネ・コンサート”は、おかげさまで無事に成功しました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

今回の公演はEXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE FESTIVALというフェスティバルの一環で、参加している全17企画から特に優秀な企画が選出され、賞が贈られるので、コンサートというよりコンクールの本選のような感じです。

選考委員の一柳慧氏や山下洋輔氏が最前列に座っているのが見えて、いつになく緊張してしまいましたが、いざ映画が始まると、観客の笑い声に後押しされて、楽しく演奏できました。今回の上映作品「ロイドの人気者」はお決まりのドタバタ喜劇なので、あまり静かに鑑賞されると私もやりにくいのですが、お客様のノリがよくて助かりました。

終わってみればあっというま。でも映画と一体になれた68分、とっても幸せな時間でした。多々感謝です。詳細感想等は後日。
posted by eri at 23:57| Comment(0) | 本番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

巻き舌の話

突然ですが、皆さんは巻き舌ができますか?

我が家の愛犬ラテが巻き舌をすると過剰に反応するので、私がおもしろがって巻き舌しまくっていたところ、母に驚かれました。
母は巻き舌が全くできなくて、うちの家族は全員できないものだと思い込んでいたのです。それで父にも巻き舌ができるかきいたところ、父も子供の頃から難なくできることがわかり、母はかなりショックを受けておりました。「Yくん(弟)までできたらどうしよう・・・」と母は心配していましたが、弟はできないことがわかり、安心したようです。

私も子供の頃は巻き舌ができませんでしたが、高校3年生の合唱際で巻き舌がいっぱい出てくる曲を歌わなければならず、できない人はみんな放課後残って練習させられたので、そのおかげでマスターできました。あれがなかったら今もできないままだったと思います。

で、ふと思ったんですけど、日本人の何割くらいの人が巻き舌をできるんでしょうか。誰か知ってる人がいたら教えてください。

あと巻き舌ができるようになるコツとか、何か良いアイデアがあったらよろしくお願いします。自分も大きくなってから練習してできるようになったくせに、今やできるのが当たり前になってしまって、なかなか効果的なアドバイスができません。

写真は我が家の愛犬ラテです。ラブラドールレトリバーのメス、一歳を過ぎたばかりです。

100_1706.jpg
posted by eri at 11:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

タイミング悪!

このブログに引っ越した途端にメンテナンスのためサービスが利用できなくなってしまっていました。何このタイミングの悪さ。現在もアクセスしにくい状況があるみたいですが、早く完全に復旧することを祈りつつ、ぼちぼち日記を続けたいと思います。

来週ちょっと都内のフランス人学校で仕事させてもらえることになり、その打ち合わせのため、飯田橋で代表者の仏人女性Dミニクさんと会ってきました。駅前で待ち合わせしていたので、とりあえずどこかカフェにでも入りましょうかということになり、Dミニクさんが「デニスへ行きましょう」と提案。

「は?デニス?何それ?」と、どこに連れて行かれるんだか全く想像もつかないままついて行ったら、辿り着いたのはファミリーレストランのデニーズ。“Denny's”は仏語読みしたら“デニス”、・・・っていうわけでもないような気がするんですけど、隠れ家的なカフェに着くと思いきや馴染みのあるファミレスに着いたので、なんだかおもしろかったです。いちごのミルクプリンミニパルフェをいただきました。

学校にも挨拶に行って、当たり前かもしれないけど先生方も子供もフランス人ばっかりで、東京にいるのにパリにいるみたいな、不思議な気分になりました。
来週ここで「音楽のアトリエ」という課外授業が実施されて、私はそれの講師として招いてもらったのですが、日本の童謡を教えてほしいということだったので、今曲選び中です。どうしようかな。
posted by eri at 18:56| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

ジョイントコンサート

今日からこちらで日記を続けます。よろしくお願いします。

この前の土曜日、フランス在住の若手ピアニスト久保智史くんと小川遥さんのジョイントコンサートを聴きに行ってきました。
前半に演奏した小川さんはラヴェル、ショパン、ベートーヴェン、後半の久保くんは、バッハ、パリ在住の石井佑輔、ショパン、フォーレと、バロックから現代ものまでバラエティーに富んだプログラムで、とっても楽しめました。思いがけず作曲科の後輩の石井佑輔くんの作品も聴けてよかったです。

終演後に久保くんと遥ちゃんと久しぶりにおしゃべり。二人ともパリで同じ学校だったので仲良くさせてもらっていましたが、日本で会うのは初めてで、なんだか不思議な感じがしました。若い人達が頑張っているのを見ると、私も負けていられないわと良い刺激になります。二人ともお疲れさま、そしてブラボーでした!写真は久保くんと。

久保くんと.jpg
posted by eri at 11:19| Comment(2) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする