2010年12月20日

TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL PART 1

今夜はトーキョーワンダーサイト渋谷へ。毎年恒例のフェスティバル、“TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL SOUND,ART & PEFORMANCE PART 1 ”のイベントに参加してきました。

初日の今日は、山下洋輔氏によるレクチャーコンサート、題して「フリー・ジャズと記譜音楽の狭間で」

山下先生の自伝のようなトーク、とてもおもしろかったです。「ピアノ炎上」の作品制作にあたり、抗議がくることを見越して、廃品寸前のピアノを使用し、ピアノを荼毘にふすという設定でお坊さんまで来ていたというエピソードは、なんだか目からウロコでした。そこまで徹底的に理論武装していたんですね。

演奏も、山下先生のソロに始まり、一柳慧氏と中川賢一氏を加えたピアノ3台による即興演奏、最後は山下先生の作品で“ピアノとストリング・クァルテットのための《Sudden Fiction》と、聴き応え満点。とってもよい時間を過ごしました。

このフェスティバル、私は来年2月に行われるPART 2に出演予定です。詳細は順次更新していきます。
posted by eri at 22:56| Comment(0) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ボストンみやげ

ボストンのお土産をもらいました。ボストンの名物はロブスターということで、ロブスターのぬいぐるみです。私はぬいぐるみで「かわいい〜!!」と大興奮するようなタイプでもないので(→こちら)、最初はどうしたもんかと思いつつ、とりあえず自室のピアノの譜面台の横に置いておいたんですけど、このロブスターが練習をあたたかく見守ってくれているようで、なんだか癒されます。

このロブスターのぬいぐるみ、中身は枕で使うそばがら素材みたいな感じで、さわっても気持ちよくて、練習の合間に見て和んだり、気分転換にニギニギしてみたり、大活躍中です。

ロブスター.jpg
posted by eri at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

飲み過ぎ注意

今夜は仕事が終わってから外食したので遅くなってしまって、まだ帰りの電車の中なのですが、車内清掃をするとかで停車したため、電車が遅れています。清掃っていうのは、忘年会シーズンだし、やっぱりそういうことなんでしょうかねとぼんやり思っている最中です。

なんか酔っぱらって大声出してる人もいるし、車内がほんのりアルコールくさい気もするし、年末なんだなぁと感じながら、手持ち無沙汰でツィッター的な更新をしてます。もうすぐ地元の最寄り駅です。
posted by eri at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

また告知

今日の午後は丸々サックスの野村亮太くんと21日のライブの合わせ。ピアソラとかガーシュインとか、ノリが良い曲ばかりなので楽しいです。演奏している最中に、我が家の愛犬ラテが自分でドアを開けて部屋に突入してきて、中断させられる一幕もありましたが。

200907132345000.jpg

ということで、また告知です。お時間ある方は是非!

< 12月21日(火)>

Classic×Popular Live
   in 山科(JR関内駅北口下車 徒歩5分)
19時30分 スタート

チャージ:3000円
(飲み物+お通し付き) 

Sax  野村亮太
Piano  神崎えり

ガーシュイン、ピアソラ、
アイリッシュチューン、映画音楽
クリスマスソング など

山科Live.jpg
posted by eri at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

いいものを見た

先日の本番の帰り道、高崎線の電車内にて。近くの席に酔っぱらいのおじさんが座っていました。かなり泥酔している様子で、それでも手にはまだ缶のお酒を持っていて、きっと明日になったら自分がどうやって帰ったか覚えてないんだろうなぁって感じだったんですけど、フラフラした足取りで降りていったんです。持っていたお酒の缶は座席の下に落したまま、コンビニの袋に入ったゴミも座席の上に落したまま。

私達の一行はその酔っぱらいおじさんに微妙に絡まれていたので、先に降りてくれてよかったと胸をなでおろしていたのですが、その後、中学生くらいの男の子がおもむろに酔っぱらいおじさんのいた席に歩み寄ったんです。どうしたんだろうと見るともなしに見ていたら、その男の子は降車ついでに酔っぱらいおじさんが放置したゴミを持って、駅のゴミ箱に捨てていくではありませんか!

なんだか物凄く感動してしまいました。恰好はちょっとブカブカのジャージ上下で髪もやや長めで、そんな優等生オーラ全開な感じでもなかったんですけど、きっと良いご両親に育てられているんでしょうね。こういうのって教えられてするより、身近な人が当たり前にやっていることを、自然に覚えて実践しているのかなと思いました。本番後にいいものを見せてもらいました。
posted by eri at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする