2010年12月20日

TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL PART 1

今夜はトーキョーワンダーサイト渋谷へ。毎年恒例のフェスティバル、“TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL SOUND,ART & PEFORMANCE PART 1 ”のイベントに参加してきました。

初日の今日は、山下洋輔氏によるレクチャーコンサート、題して「フリー・ジャズと記譜音楽の狭間で」

山下先生の自伝のようなトーク、とてもおもしろかったです。「ピアノ炎上」の作品制作にあたり、抗議がくることを見越して、廃品寸前のピアノを使用し、ピアノを荼毘にふすという設定でお坊さんまで来ていたというエピソードは、なんだか目からウロコでした。そこまで徹底的に理論武装していたんですね。

演奏も、山下先生のソロに始まり、一柳慧氏と中川賢一氏を加えたピアノ3台による即興演奏、最後は山下先生の作品で“ピアノとストリング・クァルテットのための《Sudden Fiction》と、聴き応え満点。とってもよい時間を過ごしました。

このフェスティバル、私は来年2月に行われるPART 2に出演予定です。詳細は順次更新していきます。
posted by eri at 22:56| Comment(0) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする