2011年02月28日

プチコンサート

今日は友人サクソフォニスト鈴木広志くんの演奏を聴きに、パレスサイドビル毎日新聞本社に行ってきました。ビルの一角で行われたソロのプチコンサート、お昼休みの会社員さん達がいっぱい集まってきました。アルト、テナー、バリトンと3種類のサックスを用いて、バッハやドビュッシー、鈴木くんのオリジナル曲までバラエティに富んだプログラムで、とってもおもしろかったです。

毎日忙しく働いているサラリーマンやOLさん達はなかなかコンサートに行けないだろうから、会社内で昼休みにプロを呼んでコンサート開催って、すごく粋な計らいですよね。こういうことをやってくれる企業がもっと増えるといいなぁと思いました。
posted by eri at 21:49| Comment(0) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

事実は小説より奇なり

今夜はトーキョーワンダーサイト渋谷にて行われた“TOKYO EXPERIMENTAL FESTIVAL”の終了イベントに参加したのですが、とってもびっくりすることがありました。

フェスティバル参加者の自己紹介やスピーチが終わって乾杯をして、歓談が始まったら、なんかどこかで見たことのある男性が私を真っ直ぐに見つめながら近づいてきたんです。そして開口一番に、

「僕のこと覚えてる?」

なんとなんと、小学校の同級生でした。もうめちゃくちゃびっくりしたことは言うまでもありません。まあ高校も同じだったので、20年以上ぶりとかではなかったんですけど、高校ではクラスはかぶらなかったし卒業後も会うことはなかったので、実に十数年ぶり。

彼はグループで公演を行っていたため彼自身の氏名は目を凝らさないと見つからない感じで、しかも名前がカタカナ表記になっていたから、全く気がつかなかった、気付こうともしなかったんですけど、私は一人で参加していたのでプログラムもバッチリ本名フルネームが載っていて、向こうが気がついてくれたらしいです。わりと珍しい名前でよかった・・・。今月は特に慌ただしい月だったので、他の公演は殆ど見れなかったんですけど、知っていたら無理やり時間を捻り出して見に行っていたと思います。残念。

まさかあんなコアな空間で小学校時代の友人に再会できるなんて夢にも思いませんでした。正に事実は小説より奇なりっていうか。今後一緒に何か企画することもあるかもしれないと思うと、不思議な気持ちになります。

再会を祝して写真撮影したのに、カメラとパソコンをつなぐケーブルを某所に忘れた模様。ケーブルが戻ってきたら写真をアップします。見つからなかったらかなりショックです。
posted by eri at 23:59| Comment(0) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

ツイッターすごい

ツイッターを始めて間もないですけど、影響力の大きさにびっくりしています。闇雲に売り込むより、ツイッターでピンポイントなことをつぶやく方が、チャンスをつかみやすい気がしてきました。ツイッターは食わず嫌い的な部分もあったんですけど、もっと早くに始めておけばよかったかな…と思っているところです。

メインのブログは今まで通り続けていくつもりですが、ちょくちょくつぶやいていこうと思ってます。
posted by eri at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

公演のお知らせ

以前から告知していますが、埼玉会館の公演まであと2週間です。ということで、あらためましてお知らせさせていただきます。

彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会
シネコンサート(無声映画上映ピアノ伴奏つき)
『キートンの探偵学入門』/『チャップリンの失恋』

無声喜劇映画の名作2本立てを即興のピアノ演奏とともにお楽しみいただく新企画!

日時: 2011年3月11日(金)10:30/14:30/18:30
会場: 埼玉会館 小ホール(JR浦和駅西口より徒歩6分)
http://www.saf.or.jp/saitama/event/event_detail/2011/c0311.htm演奏:神崎えり
一般:前売1,500円/当日2,000円

チャップリンの失恋.jpg

キートンの探偵学入門.jpg

上映作品の選出は私に任せてもらえたので、一番好きなキートンの作品をメインにプログラムを組ませて頂きました。先週のトーキョーワンダーサイトの公演が終わってから、本格的に準備に取り組んでいるところです。映画の魅力を充分にお伝えできるように音を紡いでいきます。

お時間ある方はぜひ!
posted by eri at 19:15| Comment(2) | 無声映画伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

職人技

いつも顔そりと美顔エステをやってもらう理容室で、とっても仕事が丁寧な年配の女性が不定期でいて、その方に当たるとすごく得した気分になるんですけど、実はもともと芸者さんの顔そりなんかをやっていたすごい方だったことがわかりました。どうりで他の若いスタッフさん達とは仕事の質が違ったわけです。本物の職人技がここにあるっていうか。

若いヘアメイクアーティストの人と話をする機会があったのですが、芸者さんの要求に応えるってすごいことらしいです。全然知らない世界ですけど、芸者衆って厳しそうですもんね。

今までは出勤日を知らずに行って運が良ければ当たるという感じでしたが、指名できることがわかったので、これからは指名でいきたいと思います。
posted by eri at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする