2011年03月12日

埼玉会館シネコンサート

皆様きのうは無事に帰宅できましたでしょうか。

前日の日記でもお伝えしましたが、3月11日埼玉会館シネコンサート、1回目の公演は通常通り行われましたが、2回目公演の最中に地震が発生し中断、続行不可能と判断され、3回目公演と共に中止になりました。

チャップリンの短編があと5分くらいで終わるかなというところで、地震が発生しました。演奏中で集中していたせいか、最初は揺れに気がつかなかったんです。ただカタカタ音が聞こえてきて、「何の音だろう?」と思っていたら、客席がざわついてきて「地震だ」という声も聞こえてきて、ああ地震なんだとわかりました。

ただ始めのうちは揺れがそれほど激しくないように感じたので、少ししたらおさまるだろうと、演奏を続けました。私が一番に逃げだしたらまずいだろうと思ったし、主催者がやめろと言うまで弾き続けなければという気持ちで、立っていられないくらいの揺れになっていたのに、不思議と冷静でした。

でも舞台上の照明が180度弧を描くような揺れ方をしているのが視界に入って、これはさすがにまずいんじゃ…と映画の世界から現実に戻り始め、音楽も映画伴奏というより私の心の叫びみたいになってきたところで、主催者からストップがかかり、会場外へ避難。

その後まもなく、公演は中止に決まりました。

たくさんの協力を頂き、時間をかけて準備してきた公演が、自然災害で不可抗力とはいえ、中止になってしまったことはとても残念です…。落ち着いたらまた企画したいと思っておりますので、しばしお待ちください。

なんとか帰宅してテレビのニュースを見て、いかに被害が大きいかを思い知らされています。何もできませんが、節電と、心ばかりの義援金を送ろうと思います。

皆様も気をつけてお過ごしください。
posted by eri at 22:37| Comment(2) | 本番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする