2011年08月31日

トルコ旅行記その11(最終回)

今日は家にこもって映画伴奏の練習、「チャップリンの失恋」と「キートンの海底王」を通してみました。3週間で違う長編を3本って、何気に初めてかもしれません。即興演奏なので本番はどうなるかわからないけど、練習のときは混ざらないように作品によって音楽のスタイルを変えるようにしています。最近ヒャダインさんの動画を見すぎなので、私にデフォルメされた昔のゲームの音楽の断片がちょこちょこ顔を出しそうです。

では以下からトルコ旅行記の続き。


8月15日(月)イスタンブール〜成田
いよいよ今回の旅行も最終日です。夕方の飛行機で帰るので、その前に、世界文化遺産にも登録されているイスタンブール歴史地区の観光。まずはイスタンブールを象徴する建物、アヤソフィア寺院から。入口を探してグルグル回っていたのですが・・・


まさかの月曜休み。ええ〜・・・。

気を取り直して、ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャーミィ)へ。こちらもイスタンブールを代表する歴史的建造物です。休みじゃありませんでした。見学をするとき、女性は肌を隠すために入口で大判の布を借ります。ドームのモザイクは素晴らしかったです。

DSC00936.jpg

IMGP1703.jpg

オスマン朝の支配者の居城として建設された、トプカプ宮殿にも行きました。敷地は70万uとめちゃくちゃ広大で、とにかく見ごたえがあります。じっくり見学していたら時間がいくらあっても足りない感じです。一休みしたカフェからは、ボスポラス海峡が一望できました。

DSC00952.jpg

IMGP1755.jpg

IMGP1762.jpg

イスタンブールは見る場所がたくさんあるけど、飛行機の時間が迫っていたので、バザール(市場)でお土産を買っていたらタイムアウト。ホテルに戻って預けておいた荷物をピックアップして、空港へ向かいました。

そんなこんなで、とっても充実した7泊9日トルコ・ロードス島の旅でした。翌日からすぐ仕事だったので、あっというまに現実に戻った感じですけど、本番も近いし、気を引き締めていきたいと思います。トルコ旅行記、長い間お付き合い頂きありがとうございました。明日から普通の日記に戻ります。
posted by eri at 19:53| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

トルコ旅行記その10

トルコ旅行記もゆったりペースで更新していたら、その10になってしまいました。長引かせすぎ。残すところあと2日です。

8月14日(日)イズミール〜エフェス〜イズミール〜イスタンブール
エフェス遺跡を見るために、宿泊したイズミールのホテルに荷物を預けて、遺跡に近い町セルチュクまでは列車を利用しました。何気にトルコに来て初めての鉄道です。トルコはバス大国なので鉄道はマイナーな存在みたいで、バスに比べると本数はかなり少なかったです。でもバスより座席は広いしトイレもついてるし、やっぱり鉄道の旅は快適。もっとメジャーになってもよさそうなのに。

セルチュクに着いたら、車窓から線路を人が歩いているのが見えました。おーい、危ないよー!と思ったら・・・

DSC00904.jpg

ホームがありませんでした。歩くところは一応舗装されていたけど、うーん、適当。

駅からはミニバスと徒歩で、まずはエフェス遺跡へ。ざっと予習はしておきましたが、本当に広くて保存状態が良いです。観光客もたくさんいて、日本人のツアーにも何度か遭遇しました。

IMGP1548.jpg

IMGP1567.jpg

テルマエ・ロマエを読んでいるので、ハドリアヌス神殿が出てきて「おお〜」と思ったり。帰ったらまた読み直さなくちゃと思いました。それにしても、今から2000年も前にこんなに発展した文明があったのに、今は遺跡で観光地になっているって、正に栄枯盛衰だなぁとしみじみしました。

IMGP1599.jpg

IMGP1624.jpg

IMGP1606.jpg

遺跡を見た後はエフェス考古学博物館を見学して、帰りはちょうどよい時間に電車がなかったので、バスでイズミールに戻りました。イズミールのオトガル(バスステーション)は巨大です。ちょっとした空港より大きいくらい。

ホテルで荷物を受け取って空港へ、飛行機でイスタンブールへ飛びました。翌日はイスタンブール観光をして、日本へ帰国です。
posted by eri at 23:37| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

第637回無声映画鑑賞会[オペラとカルメン]

今夜は門仲天井ホールへ、第637回無声映画鑑賞会[オペラとカルメン]を鑑賞しに行ってきました。職業柄、無声映画+生演奏の公演には何度も足を運んでいるのですが、活弁付き無声映画の上映は、実は初めて。

今夜は「チャップリンの珍カルメン」と「オペラの怪人」二本立てで、弁士はカルメンが斎藤裕子さん、オペラの怪人が澤登翠さんでした。活動弁士は映画作品の内容にあわせて台本を書き、上映中に進行にあわせてそれを口演します。

月並みな感想かもしれないですけど、男性や女性の声を一瞬で使い分けるのは本当にすごいと思ったし、生演奏ならぬ生のセリフは、映画が観客に迫ってきているように感じました。いつかご一緒できたらいいなぁ。
posted by eri at 23:59| Comment(0) | コンサート&イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

トルコ旅行記その9

今日は第21回芥川作曲賞の選考会を聴きにサントリーホールへ行ってきました。作品も演奏も、3作品とも素晴らしくて聴き応え満点、とっても楽しめました。個人的には清水卓也さんの作品が一番印象に残っています。

では話は変わってトルコ旅行記の続き。今月中に終わるかな・・・


8月13日(土)リンドス(ロードスの南)→マルマリス→イズミール
この日の夕方の船でトルコのマルマリスに戻る予定で、前日ロードスの旧市街はじっくり散策したので、午前中はリンドスまで足を延ばしました。ロードスからバスで一時間強、こちらもリゾート地です。エメラルドグリーンの海にうっとり。

IMGP1484.jpg

旦那さんは例のごとく遺跡を見たがるのですが、リンドスの遺跡は高台の上。この日も雲一つない晴天で暑かったし、前の日に体調を崩したのが微妙に尾を引いている感じだったので、旦那さんが遺跡見学に行っている間、私は一人ビーチでゴロゴロしてました。マルマリスやロードスに比べてそんなに観光客でごった返してはいなかったので、いい具合にまったりできてよかったです。下の写真は旦那さんが見てきた遺跡。

IMGP1507.jpg

バスと船の時間があるのでリンドスにはあまり長くいられなくて、2時過ぎにはロードスに戻ってきました。そこで遅めの昼ごはん。また前日と同じレストランに行きました。一泊しかしていないのに既に3回目。さすがに店のおばちゃんに覚えてもらえたみたいで、サービスに前菜が一皿出てきました。

IMGP1515.jpg

“ドルマダキア”という、葡萄の葉でお米やお肉を包んだギリシア料理。喜んで頂きたいところだったのですが、私は前の日に船酔いでえらい目に逢ったので、夕方の船旅に備えて、この日は朝から勝手にラマダンを決行中だったんです。乗船前はなるべく何も口にしたくなかったんですけど、気さくなお店のおばちゃんは、私達がドルマダキアを食べてどんなリアクションをするのか気になるみたいで、じーっとこっちを見てる。これは食べないわけにいかないと、少しだけ頂きました。美味しかったです。

そういえば、トルコもそうでしたけど、ロードス島は野良猫がたくさんいました。

IMGP1496.jpg


夕方の船でギリシアのロードス島から再びトルコのマルマリスへ。帰りの船は行きよりも更に小さな船でいかにも揺れそうでした。

IMGP1542.jpg

船の名前も「フライングポセイドン」とかなんか遊園地の絶叫アトラクションみたいで、もうダメだ・・・と観念しましたが、帰りの船は全然酔いませんでした。なんでだろう。

マルマリスで夕食をとったあとは長距離バスでイズミールへ。深夜に無事到着しました。翌日はエフェスの遺跡を見に行きます。
posted by eri at 22:58| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

トルコ旅行記その8

最近やっと夜ふつうに眠れるようになりました。時差ぼけは日本に帰ってきてからの方がひどいです。今回も、夕食のあと猛烈に眠くなって時間は短いけど深く眠りこけてしまい、それから未明まで眠れないという日々が続いていました。

それではトルコ旅行記、続き。まだロードス島です。

8月12日(金)ロードス島(また続き)
騎士団長の宮殿は見ごたえがありました。

IMGP1410.jpg

IMGP1417.jpg

二枚目の写真の「FERT」という文字は、「耐えろ」という意味なんだとか。

ロードス島のロードスの旧市街は、聖ヨハネ騎士団が築いた城塞都市が良い状態で保存されており、世界遺産として登録されています。この日は聖ヨハネ騎士団の足跡を辿るような感じで、市内を歩きました。

IMGP1450.jpg

夜ご飯はギリシア料理。遅めのランチに行ったレストランが美味しかったので、夜もそのレストランに戻って食事しました。写真はギリシャサラダです。

IMGP1386.jpg

翌日の日中は引き続きロードス島観光、夕方にトルコに戻ります。
posted by eri at 09:28| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする