2011年11月13日

中国語のドレミ

こないだのホームレッスンで生徒さんが中国語のドレミを紹介した本のコピーを見せてくれました。漢字のドレミ、新鮮です。以下のとおり:

多(ド)・来(レ)・米(ミ)・発(ファ)・梭(ソ)・拉(ラ)・西(シ)・多(ド)

少し前の日記で調性のイメージのことを話題にしたばかりですけど、ドレミも漢字で書かれると、意味を考えたくなってしまいます。

ドは「多」かぁ・・・何かが多いんですね。レは何かが来て、ミはごはんで、ファは何かが発してて、ソはよくわからなくて、ラは拉致、シは西の方。うーん、脈絡がないのにもほどがあります。きっと当て字だろうから、当然なんでしょうけども。あんまり画数が多いものはやっぱり選ばれないんですかね。蘇とか羅とか。

その本には中国語の他にアラビア語?のドレミも載ってましたけど、それはもはやチンプンカンプンでした。逆さまにしても見分けがつかない自信があります。まあ日本語のハニホヘトイロハも、外国の人からしたら、ワケがわからないでしょうけど。
posted by eri at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする