2015年10月28日

ちょっと早いけど

今週くらいから一年目の生徒さん達に「きよしこの夜」の伴奏付け課題をやってもらっています。この曲の旋律は和声的に色々なアプローチができて、教材としてとても優れているんですけど、思いっきりクリスマスの曲なので春や夏にはちょっと使いにくいんですよね。新規の生徒さん達の練習課題に早く使いたいなぁと思っていたので、フライングで使い始めちゃいました。

2年目以降の生徒さん達には他のクリスマスの曲を用いた課題を使っているので、世間はまだハロウィンですけどレッスンではクリスマスモードに突入しています。良い曲がいっぱいあるので、バレエ伴奏でも11月末くらいになったらクリスマスの曲を弾いちゃおうかと思っているところです。
posted by eri at 21:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなあ、えりクラスの生徒さん!

僕はクリスマスの曲が大好きで、
CDラックに「クリスマス」のコーナーがあるほどです!

これまた本当に本当に偶然なんですけど、今も
昨日ブックオフで見つけた「ケルティック・クリスマス」
というCDを聴いていたところなんです!

えりさんの言うとおり、良い曲がいっぱいありますよねー。
でも1曲あげるとしたら「そりすべり」かなー。

ハロウィンも結構ですが、僕は断然クリスマス派です(^_^)
Posted by ぴか at 2015年10月29日 21:43
>ぴかさん
クリスマスの曲って子供の頃のワクワク感を思い出すのか、
聴くと気持ちが高揚します(^^)

そりすべりもいいですよね♪
バレエのレッスンでジャンプ系の動きのときに使えないか企んでます。

それにしてもCDラックに「クリスマス」のコーナーがあるとは、恐れ入ります!

ハロウィンソングってないですよね。まあ起源は古代ケルト人ですもんね。。
Posted by eri at 2015年10月30日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: